前照灯(ヘッドライト)

前照灯は夜道を照らすための無くてはならない装置でヘッドライトとも呼ばれています。
このヘッドライトは、夜道を照らすだけではなく、相手に自車の位置を知らせる役割も持っており、点検整備がとても重要な部分になります。
まずこのライトの保安基準ですが、明るさと光軸が基準になります。
明るさについては鑑定士が目で見て判断することが多いのですが、基本的にディーラーなどで点検してもらい使用しているライトであれば問題はありません。
また、光量の他に色温度も調査の対象となり、色温度がハロゲンランプの場合大体3000ケルビンから6000ケルビンの間が適合ライトとなります。
場合によっては適合範囲内のランプでも車検に通らないことがあるので注意が必要です。
次に光軸についてですが、自動車のヘッドライトの光軸は左右対称ではありません。
自動車を正面に見て左のライトは右のライトよりもやや下向きに光軸が設定されています。
これは、対向車が眩しくないようにしており重要です。
自分でライトを交換したりする場合、この光軸がずれてしまい、夜間走行時に暗く感じたり他車へ迷惑をかけてしまうことがあります。
そうならないように十分注意するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。