タイヤ

自動車のタイヤは様々な種類があり、その点検整備を怠ると保安基準に見たないことがあります。
まずは種類についてですが、基本的にラジアルと呼ばれるレースやスポーツ用のものや、一般的なものの2種類に分けられます。
ラジアルと呼ばれる製品のばあい、公道での使用が禁止されているものもあるので注意が必要です。
購入する際には、一般公道で使用可能かを十分確認してから購入するようにしましょう。
一般的な製品の場合は、一般乗用車向けに作られているので、公道での使用が制限されることはありません。
一般公道での使用が可能な製品で注意すべき点は、製造年と溝の状態です。
一般的にゴムの性質上雪国などで使われるスタッドレスは3年、オールシーズンの製品は5年が寿命とされています。
もちろん整備や点検の頻度によって寿命は前後します。
溝が沢山残っていたとしても、製品が非常に古い場合はゴムが硬くなりパンクなどの危険があるので交換したほうがよいでしょう。
また新しい製品だったとしても、溝がすり減ってスリップサインが見えてしまうような場合にはすぐに交換するようにしましょう。
スリップサインが現れてから走行するのは非常に危険ですのでやめてください。

コメントは受け付けていません。