安全に走行するための整備について

カーセブン 評判
 

車を安全にそして、長く使うためには日常の点検・整備はかかすことができません。 車の手入れは何も全てをプロに任せる必要はなく、むしろ自分でできることは自分でする方が、 大きなトラブルになる前に原因を取り除くことができるのです。 では一体、どのような車の手入れ方法があるのでしょうか。

まず、車を安全に走らせることに必要なのは足回りです。つまり、タイヤのチェックですね。 タイヤの溝がちゃんと残っているか、異物が刺さっていないかまたは挟まってはいないかを確認しましょう。 確認ができたら、次は空気圧の点検をします。これはガソリンスタンドなどで簡単にできるのでやってみると良いでしょう。 空気圧を確認し、空気が減っていた場合、規定の空気圧まで空気を充填すればOKです。

次に冷却水の確認をします。冷却水はエンジンを覚ます重要な役割を持っています。 リザーバータンクと呼ばれる、冷却水が入っているタンクに規定量、冷却液が入っているかを確認します。 冷却水が不足していた場合、補充用の冷却水を買ってきて補充しましょう。

次にバッテリーです。バッテリーも冷却水と同じように、バッテリー液が不足していないかを確認します。 減っていた場合、補充しておきましょう。

最後に忘れがちなのが、ウインドウウォッシャ液の補充です。空であっても直ちに重大な事故には繋がりませんが、 いざと言う時に液が出ないと不便なこともあります。忘れずに点検しておきましょう。

車のプロでなくても少しの知識があれば、これだけ手入れができます。 全てを人任せにしないで、点検程度でも自分で行なうことが安全につながるのです。